--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントは心を洗いたい!

2010年07月12日 22:43

こんばんは、海冬レイジです!

ここ3日ほど…
超マジメに作業した!(`・ω・´)

証拠写真
あらいもの

このメーカーさんのキットは基本ヌルヌルなので、まずは台所用洗剤で洗いまs

何の作業だ━ヽ( `Д´)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!

と叱られるのももっともなくらいシメキリがヤバイです!
なので、時間短縮のために、今回はパチ組みで作りますよー!

担(#^ω^)「作らないという選択肢はないのか…?」  (*´Д`)

パチ組み…それはプラモのもっとも根源的な喜び…
「組み立て」のみを味わい尽くす、実に甘美な遊びです!
しかし…ここでヤツが問題となる…パチ組み派の天敵…それは!

ゲートあとの白化━(((゚Д゚)))━イヤァァァ!!

( ´∀`)「白化が嫌ならヤスリでゲート処理すればいいじゃない」
( ´∀`)「白化が嫌なら全塗装すればいいじゃない」

なんて言ったらミもフタもない!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
時間を節約しつつ、粉っぽくもシンナーくさくもならない…
そんなパチ組みが僕らは大好きさ!(*´Д`)人(´Д`*)普段はヤスリだけど…

「ちゃんとカッターで処理してるのに、ゲートあとがえぐれて白くなっちゃう…」(´・ω・`)

と白化にお悩みの同志の方は、本日の記事を参考にしてくださいね!
海冬レイジ程度(←マジメに作り始めてまだ4年)が言うのもおこがましいのですが…
この白化現象…さけるコツがあります!

まず最初に、白化とは何か!?

いらないランナーを「えいっ」とひん曲げてみてください。
当然、曲がったところが真っ白になりますね。これが白化です!
強い力が加わって、プラスチックが変形するときに白化しちゃうわけです。
(※ヒビ割れ、欠け、キズも!
逆に言えば…
「力をかけず」「変形させない(キズつけない)」ようにすれば、白化しないって寸法です!(`・ω・´)

そのために4つのコツ!

①ランナーから外すとき、パーツぎりぎりでカットしない!
 薄刃ニッパーをお持ちなら1ミリくらい…
 普通のニッパーなら1.5ミリくらい、ゲートを残してカットします。
 ニッパーの「挟む」力で根元から引っ張られ、白化しちゃうことが多々あるからです(´;ω;`)

②切れ味のいいカッターを使う!
 デザインナイフ系がオススメ!切れ味が鈍ったら刃を交換しましょう!
 刃物を使うときは、怪我しないように注意してくださいね!

③削るときはちまちま!ちまちま!
 厚く削ろうとすると強い力が必要になり、結果、ミクロに変形=白化します!
 薄皮をむくように、薄く、やさしく、ちまちまと削りましょう!

④力まない!(←最重要!
 力を入れなきゃ切れないよ~!という場合は…
 「切れ味が鈍ってる」か「厚く削ろうとしてる」かのどちらかです。それ、白化します!
 さらに言うと、力むと「指にグサッ!」の危険あり!怪我ァァァ!

↑の方針でやってみた
ゲートのこと

こんな感じで、ちまちま削ると、ゲートあとは目立たなくなります。
途中で白化したのは、欲張って厚めに削ったからです。さらに削ってリカバー!
ツヤが変わっちゃうのは仕方ありませんが…
あとでトップコートを噴けば目立たなくなりますよ!

なお、それでも白化しちゃった場合は…
爪でこすると、目立たなくなる場合があります!(ただし、パーツがヘコむ危険あり

そんな感じで、本日はゲート処理のお話でしt

担( ´・ω・`)「…これ何のブログ?」  (´・ω・` )



…え?お仕事…です…か?
えーと…
あきらめたらそこで試合終了なんだよ!ヽ(`Д´)ノ

<ピィー!!  (;・`д・´)「試合終了の笛!?」

早速あきらめんな━ヽ( `Д´)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。